幸せであるためにどれだけのものが必要か?
 – きっと答えはあなたが思うより少ないかもしれません

 

 

思い切った斬新なデザインで
小さな幸せを手に入れた
「Tiny Haus」に住む
オーナーに聞いてみましょう!
 
 世界で最も住むのに高価な街オーストラリアのシドニーに住むこの若い夫婦は、自分たちの出来る範囲での優先順位を調節することによって、幸福と経済的自由を求めていました。
 オーナー兼建築者のDan(38)と妻のMarnie Prowse(36)は2人の小さな子供を抱えており、彼らの最大の決断は型にはまらない、創意工夫されたものでした。「限られたスペースでの生活は、最小限のもので生活を可能にし、より重要なことに時間を当てることができます。もし私たちがオーストラリアでごく一般的な大きな家を建てていれば満足のいった仕上がりで建てる余裕はなかったとおもいます。」とMarnieは話します。

 

 

 人目をひく彼らのシドニーの家はオーストラリアのデザイン出版物で賞賛されており、社会的な注目をも集めています。
小さな家を建築する専門のIronbark Architectureらの手によって設計され、家よりも大きなプールはオーストラリアの暮らしの象徴とも言えます。これは、二人の子供を持つこの家族の個性を反映した現代的な住まいです。
「家を建てる段階で家具がどこでどのように機能するのかを考えておけば、建てた後に家具を置く場所にも家具を選ぶことも困りません。」
そんな彼らが家を建てる前に選んだ家具とは?

 

 

 彼らは、生活の中心部となるリビングに4つの上質なambient lounge®︎のソフトファニチャーを選びました。 2つのグレイカラーのツインカウチソファは、自然の光で満たされたメインルームにぴったりとマッチ。
「これでラウンジは完璧!娘たちがラグの上でボードゲームを一緒にするときはソファーを簡単に動かすことができるし、時にはラウンジャーをくっつけることによって友達と寄り添ったり一緒に座ることができます。」
 そしてこの家を主張する彼らの美しいリゾート品質の屋外スペースはまさに彼らのオアシス。sunbrella®︎ファブリックを使用した豪華なサテライトツインソファもラウンジを豪華に彩ってくれます。柔らかな肌触りのこのソファーは、子供の安全にも配慮し、屋外の娯楽エリアを存分に引き立たせます。
 32平方メートルの家は私たちTinyhausの一つの特徴です。家の中には2段ベットならぬ3段のバンクベッドに子供たちが眠るスペースと下にプレイエリアを。各ベッドからはプールを見渡せます。マスターベッドには、本棚と収納スペースが収まる空間を。そして食料生産用の環境に配慮した庭もあります。
 都心部の小さなスペースでもオリジナリティーに溢れた暮らしを実現するには、あなたと家族に本当に必要なものを考え、理想の家を思い描き、デザインすることがもっとも重要となるでしょう。もしかしたら小さな家での生活が、あなたが下すべき最善の決断なのかもしれません。

 

All lovely TinyHaus photos taken
by Nat at
The Palm Co.
ambient lounge Japan®︎
2019.05.20

カート